中小企業が抱える問題点

⽇本経済における中⼩企業の位置づけと変化 ⽇本の企業数の99.7%を占め、⽇本経済を⽀える基盤である「中⼩企業」。そんな中⼩企業ですが中⼩企業庁の「中⼩企業⽩書」によると、⽇本の 企業数は1999年降減少傾向にあり、その中でも「中⼩企業・⼩規模事業者」は1996年以降20年間で約120万社減少しています。

中小企業が日本の経済を支えてる一方、抱えている問題点は多岐にわたります。一般的な課題には以下のようなものがあります:

労働力の生産性低下: 中小企業の労働生産性は、全ての業種において大企業を下回る水準。一方、日本の大企業は生産性を向上させており、大企業と中小企業との生産性の差は拡大。

人材不足と雇用環境の課題: 高齢化や人口減少に伴い、中小企業が優秀な人材を確保することが難しくなっています。また、中小企業から大企業へ労働力が移動する傾向が存在しています。

コスト増加: 人材や原材料、エネルギーなどのコストが上昇することは、中小企業にとって課題です。その中で、企業の社会保険料負担の売上総利益に占める割合も年々増加しており、特に中堅・中小企業では、比率は大企業と比べて高い傾向があります。

技術とデジタル化への追いつき: 技術の急速な進化やデジタル化の浸透に対応することが難しい中小企業もあります。中小企業では、約半数の企業がオフィスシステムや電子メールや、給与、経理業務の内部管理業務向けには導入が進んでいるが、収益に直結する、調達、販売、受発注管理などでは、1~2割の企業による導入に留まっている。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です